お知らせ

●第13回東京配田ヶ丘同窓会総会は平成25年6月16日(日)、品川区南品川(JR大井町駅近く)の日本民謡会館で開催予定。詳細については後日、お知らせいたします。
   ・同窓会の案内文書と会場案内はこちら(PDF)
   ・同会館URL=http://www.nichimin.or.jp/kyoukai/kyoukai.html


築地俊造&RIKKI公演のお知らせ

 奄美在住の島唄の大御所・築地俊造さんとRIKKI(本名:中野律紀)さんによるライブコンサートが来る5月12日(日)、「築地俊造 with RIKKI」 と題してR's アートコート(労音大久保会館内、地図)で開催されます。
 シマグチ(奄美方言)と独特の裏声、そして島の人々の生活に深く結びつき、今も息づいている奄美民謡。その第一人者である築地さんと、伝統的な島唄とポップスの両ジャンルを歌いこなすRIKKIによる東京での共演は、20回目のステージです。
 イキが合ったウタシャ二人の唄&トーク。お楽しみに、ぜひいもりんしょ〜れ!
 


(主催:東京労音/ティダドリーム/K・企画)

 ・曲  目  よいすら節/塩道長浜節/まんこい節/六調/他
 ・入場料  前売り/当日共に3500円(全て自由席)  
 ・イベント概要などについては、下記URLでご確認ください。
  http://k-kikaku1996.com/work/tukiji/schedule.html

(2013.03.21up)


おはら祭の練習会始まる−参加者募集中

  東京配田ヶ丘同窓会は、東京・渋谷で開催される「第16回渋谷・鹿児島おはら祭」(パレード)に踊り連を編成し、参加致します。その踊り連の練習会がこのほど、北区の東十条小学校体育館で始まりました。
  この日の練習会には、大人8名と子供1名が参加。連長・副連長さん指導の下、おはら節や渋谷音頭など4曲の踊りを約4時間、休憩を取りながら熱心に練習しました。おはら祭の開催日および今後の練習予定日・時間、会場等は下記の通りです。
  また、踊り連への参加者を募集しています。ご希望の方は、同窓会事務局までお申し込みください。
  ・ 開催日:5月19日(日) 午後零時50分〜同4時
  ・ 会 場:道玄坂・文化村通り
  ・ 練習日:4/14(日) 4/21(日) 5/6(月・祝日) 5/12(日)
  ・ 時 間:午後1時〜同5時
  ・ 会 場:北区立東十条小学校体育館(京浜東北線東十条駅北口徒歩3分)
  ◇  東京配田ヶ丘同窓会事務局 幹事長 津田和紀
      電話050-5523-7525
      Email :tsudakz@interlink.or.jp

踊りの練習風景

小休憩中
案内はがき

 ・ご参照HP 第16回渋谷・鹿児島おはら祭開催について
 ・昨年のおはら祭参加レポートはこちら

(写真提供=永井珠海さん、H7年奄高卒、2013.03.13up)


小勝会長が奄美市立小湊小で講演

 小勝竹雄会長は3月5日、出身小学校の奄美市立小湊小学校で講演しました。その内容が南海日日新聞で報じられました。掲載紙を切り抜き、アップしました。ご覧ください。


3月7日付南海日日新聞11面

(2013.03.13up)


原 稿 募 集 中 !

 
 東京配田ヶ丘同窓会は2012年1月、ホームページをリニューアルオープンいたしました。 これに合わせ当ホームページ委員会は、郷土の発展と会員相互の親睦を高めるため、読んで見て聴いて面白くためになる原稿・写真・音源を募集しています。
 内容としては旅行や山行記、趣味や郷土(自慢)料理の紹介、ミニ同窓会報告、エッセーなど何でも構いません。ただし、内容によっては、当委員会で掲載の可否を判断させていただく場合があります。
  送稿に当たっては、原稿等にご住所・氏名、卒業年次を明記の上、トップページのメールアイコンから添付で送っていただければ幸甚です。

(2013.03.14up)


第3回東京配田ヶ丘同窓会役員会を開催

◎役員会議事録要旨
日 時:平成25年02月02日(土)午後5時〜
会 場:清龍南池袋店
出席者(敬称略・順不同)
   小勝、我謝、和田、村田、平山、稲留、蝦名、津田、南、要、 山田(健)、叶、宮田
    記原、米田、三谷、向、昇、中村、山田(信)、櫻井(特別参加)

1.小勝会長あいさつの後、津田幹事長から会務(行事)計画と第13回総会経費の概算見積もりがあった。その中で同幹事長からは、会場変更で会場費がアップすることなどから、経費的にはかなりきつくなる。広告協賛金などで収入増を図る必要がある、などの話があった。
2.続いて総会の実行委員長の選任があり、叶正喜副幹事長が満場一致で選出された。叶実行委員長は今年で3年連続の就任。
  ⇒一方で、「実行委員長は本来、卒業年次ごとに交代していくのが理想で、その方が組織拡大に繋がり活発化する」、との意見が出た。⇒意見の通りではあるが、現実問題としてまだまだ各年次ごとに実施する基盤が確立されたないのが現状だ。今後の検討課題である。
3.その後、叶実行委員長から今後の役員会(実行委員会) 予定や前年度総会の等の反省点を踏まえた総会実施計画(大綱)の説明があった。各人が再度、配布資料に目を通し、次回以降の役員会で詳細を詰めていくことになった。
4.役員会後、今後の在り方等含め活発な意見交流会を実施した。
配布資料は以下の通り。
  ・第3回東京配田ヶ丘同窓会役員会レジュメはこちら(PDF)
  ・2013年度東京配田ヶ丘同窓会会務・行事予定はこちら (PDF)

(2013.02.04up)


煌きの島から“とくの島”観光・物産フェアIN東京開催

 
 2013年2月10日(日)、東京・代々木公園の「野外ステージ」および「イベント広場」にて 鹿児島県・徳之島の観光・物産フェアが開催されます。徳之島の特産品が販売されるほか、新じゃが“春一番”を使った豚汁やじゃがバターなどの飲食屋台、徳之島出身アーティストによる島唄ライブなどが楽しめます。皆様どうぞお出掛けください。
主催:関東徳洲会(徳之島三町郷友会)
協賛:徳之島町、伊仙町、天城町、JAあまみ徳之島事業本部・同天城事業本部
    NPO法人徳之島「夢」振興会議
    ・ フェアのパンフレットはこちら(PDF)
    ・ 交通・会場案内地図はこちら(PDF)

(2013.02.03up)


同窓会の発展に今年も協力を−会長 小勝竹雄

    皆さま、新年明けましておめでとうございます

台湾・阿里山のご来光(HP管理人撮影)

 今年は巳(み)年。蛇(へび・じゃ)と呼びますが、奄美では怖がられているハブのイメージが強いようです。しかし、それなりに意味があって昔の人が選んだ十二支の一つです。イメージの良い面を挙げますと@生命力が強く、脱皮を繰り返す再生のシンボルA受けた恩を忘れない白蛇の恩返しB農家の稲作の守り神と言われています。嫌わずにこの一年を付き合っていきましょう。
 さて、新年を迎え私たち東京配田ヶ丘同窓会は、創立から13年目となりました。今年も会員の皆様のご協力を仰ぎながら、さらなる発展に努めて参りたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  昨年は会員の皆さま、ならびに関係者の皆さま方のご協力とご支援によって、第12回総会・懇親会が盛大に開催されました。また、第15回渋谷・鹿児島おはら祭にも当会から大勢のメンバーが参加し、にぎやかに踊りました。こうした活動を続ける中で、本同窓会は着実に発展を遂げております。
 私たちの母校・奄美高校の後輩も勉学とスポーツに努力を重ね、大きな成果を上げており頼もしい限りです。昨年6月には、商業科と情報処理科の3年生8人が日商簿記検定2級合格。11月の全商珠算電卓実務検定1級に商業科3年生34人が合格。さらには機械電気科3年生18人が、国家試験・技能検定3級に合格しました。これらの検定資格は、就職・進学に大変有利とのことです。
  また、同時におととし全国大会出場の郷土芸能部員は、鹿児島県伝承郷土芸能大会で最優秀賞を受賞。今年8月、長崎県で開かれる全国大会に県代表として、再び出場が決まりました。今年も応援していきたいと思います。
 最後になりましたが、会員の皆様にとりましては新年巳年にちなみ、奄美の金ハブに負けない強い生命力と「すっとごれだましい」で、この一年を健康でキバっていきましょう。併せて会員とご家族さまの幸せをご祈念申し上げます。

(2013.01.01up)

HOMEへ
Copyright (C) 東京配田ケ丘同窓会/ホームページ委員会 All Rights Reserved.